UrLandSchaft

シン・ゴジラ
これはね、周りで悪い評判を聞かなかったので、
一応予習をして見に行きました。




なんといっても、主役のゴジラさん。
この生き物、ほんとにただ歩いているだけ。
でもね、「あぁ、こりゃ、神だわ…」と思った。

さすが野村萬斎氏がモーションキャプチャやっただけある。
曲の効果もあると思うけど、
第4形態(通称・鎌倉君)になって鎌倉上陸したときや、武蔵小杉を歩いた時のあの感じ。
夜の東京タワーをバックに赤く光るあの様。
薙ぎ払え!(ここは敢えてクシャナを登場させてみるw)のシーン。
「畏怖」とはこういうものだ、と突きつけられる感じ。


さらにさらに、第2形態(キモカワイイと人気の通称・蒲田君)で、
川をのし上がっていくシーンとか、
住宅地が瓦礫の山になっているシーンとか、
東京駅のビル攻撃シーンとか、
311や911を彷彿とさせるシーンが満載でした。

特にリアルだなと感じたのは、
ヤシオリ作戦が終わった時に、政府関係者が歓声を上げることなく、
皆ふぅ、と安堵して淡々と終わったところ。
感動も涙もない、なんて感想もあるけれど、
ほんとにこういうことが起こったら、人はこうなるんだろうな、と印象に残った。


そして、最後のゴジラの尻尾シーンの解釈。
何パターンあるんだろうってくらい、語られていると思いますが、
これ鋼のエンヴィ―じゃん、と思いました。

つまり、ゴジラは、人を依り代に生まれた、ということなのではないかと思います。
しかし、ゴジラが歩きながら破壊している最中に集められたのではなく、
もっと昔の、海底に葬られた過去の亡骸が形をなしたもの、とかね。
もしかしたら魂かもしれないけどね。エンヴィ―みたいに。
根拠はあるわけでなく、直感的にそう思った次第。

あと牧教授の遺書の言葉。
「私は好きにした、君らも好きにしろ」
監督もこの言葉をメディアで使っていた気がしますが、
これにすべてが収束される気がするなー。
ヒシヒシと感じる、「結論は君たちで想像しなさい」感は、
嫌いじゃないですね。

もう一回スクリーンでは見たいとは思わないけれど、
テレビでやったら録画はするかな(笑)
| | 見聞録 | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
STAR WARS Episode.
備忘録的に今年見た映画その2。




実はSWシリーズは見たことなかったんです。
たまに見ても、Episode.気如▲譟璽垢魏瓩ると眠くなってたくらい、適当に見てたんですが、
去年の年末擦公開されるタイミングで興味が湧いて、
機銑困稜末地上波一挙放送を全部録画し、
予習をした上で、1月の頭に劇場へ擦鮓に行きました。

旧三部作から30年後、
当時の俳優陣も同じくらい年をとっての出演で、
それだけで胸がいっぱいになったり。
ハン・ソロとチューイがミレニアムファルコンに戻ってきたとことか、
ハン・ソロがレイ達にジェダイやルークの話は神話じゃないと言うところや、
最後、レイがレイアと目だけで会話して抱き合うところとか。

あと、ダースベイダーが偉大な悪役だったんだな、ってのも改めて感じた(笑)
カイロ・レンが坊やすぎてさー。
お前がベイダーを語るには早いぜ。。なんて思いながら、
最後の闘いを見ておりました。

ダークサイドからライトサイドに寝返ったフィンの葛藤が
面白くて、どうなるかが今後楽しみです。

レイの正体やレンとの関係も気になるところではあるけど、
深く考察するのはやめて、次回に臨もうと思ってます。


ちなみに、オープニングのテーマ曲がかっこ良すぎて、
最初に地上波で犬鮓たとき5回くらい巻き戻してしまいました。
金管魂を揺さぶりますよ。
あと過去作だとやっぱり犬見やすかったな〜
| | 見聞録 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ズートピア
最近いろんなところで面白いと噂になっている
ズートピアを見てきました。

以下ネタバレあり。




なんといっても、主題歌が最初に流れる、
主人公ジュディがセントラルに列車で移動するときの街の風景のダイナミックさが
一番印象的で、一番ワクワクした!

トンネル抜けると〜の世界を3回味わえるとか。
サバンナを走るラクダランナー、ヤシの木ホテル、
氷の国の氷河移動、熱帯雨林でばぁ〜と雨が降ってきたとこ、
〆は駅の光景だよね。ぴょんぴょんはねながら外出たくなるよねー。
TRY EVERYTING、まさにその通りです。

あと気になったシーンを抜粋してみよう。
・冒頭の小劇場の音響係のタヌキちゃん。超和む。 
・上京列車のネズミたち。ドアが大、中、小動物それぞれついてるのもすごいよね。
・チビジュディもいいけど、チビニックが健気で;;
・Mr.ビッグの登場シーンのチマッ加減
・ジュディパパ、大川マスタングと同一人物に思えないくらいのはしゃぎよう。
・副市長の頭モフモフ攻撃。窘めるつもりでモフモフするジュディ。
・捨て台詞フェニック。ロックだw
・フラッシュの速度に絶望するジュディ

王道シーンはちょっと抜かしたよ。
森川ニック沼に落ちることを覚悟していってみたけど、
わりと普通でした。

が、見終わった後、
WEBに転がってる素敵絵を見漁るくらいはしましたけどね(笑)
二人がわちゃわちゃしているのを、
あきれ顔して見守り隊な署長含めたゴツイ同僚たちっていう構図が
私的にはツボであります。
あ、ニクジュディ沼にはハマったようですね。。
| | 見聞録 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
5/27 LAST VISUALIVE@東京国際フォーラム
もう一週間経ってしまったんですね。早い。

GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE
最期ノ月 -LAST MOON-


以下、ネタバレ感想。




その1週間前に帰省してたんですが、
ドライブのBGMとして、やっとアルバム曲を聴いたのです。
で、どの曲から始まるだろうかとか、ラストはどの曲か、
なんてのを予想してたわけですが、私の予想は大きくはずれ(笑)、
姉の一人勝ち。

まぁ、映像があって、始まるならコレですよね、
と納得するオープニングだったかな。


1部。
時間軸的には後ろの方なんだろうな。
闘い、一人になり、最期の手前。

暁月夜は舞台をやってた当時はさして気にもしてなかったけど、
さすが、舞台2章エンディングを飾っただけあって、分かりやすくてシンプルだなーと。
楽のライブであんまり泣かないんですけど、
スッと沁みてきて、うるっと来た。

展開が見えて飽きるような寸劇でやられるより、
やっぱ曲でやられたほうが、クサくないし、素直に受け取れるってことかな。
最後までLiveをみてから、聴くとさらにシーンが出てきてやばいのだね。


2部。
兄者との邂逅。回想。
鬼の精神世界。

冒頭はキタ――――!となりました。
鈴もってシャンシャンしたくなりました。
やっと、つながったね。

ここから2,3曲の流れは秀逸だ。。
カオナシのLVL直衣バージョンもなんかエロくて好き。

アルバムの曲で一番ききこんでたのが斬なので、
せっかくかっこいいのにノリ方がわかっとらん!バチ邪魔!と憤慨しつつ、
変拍子もなんのその、ヘドバンに勤しむ。
傀儡はLive見ないとそこまで好きにならなかったかも。

実は、この辺りすんごいトイレに行きたくてしょうがなかったんだけど(爆)
ちょっとこれは離席できない!と只管我慢w
映像も初見だから見ておきたいと我慢し、会長でてきた瞬間、速攻で離席です。


3部。
ここまでで、1時間半くらい。ここからが、長いよね。
真面目に全部やると、腕も喉も痛くなるので、
大事なところしかやりません、すいません(笑)

安定のMirror、U+K。
新曲はやっぱりこれもLiveを見て好きになるタイプの曲だったなぁ。
バチじゃなくて、手扇子のほうが隣を気にする必要ないから踊りやすかったw

映像の中に歌詞は出さなくていい。
しかし、P.S. I Love Uは、ちょっと印象が変わったかな。



さて、アルバムのジャケにもなっている、死んだ義経を抱いている謎の人物。
義経の中にいる鬼が分裂してでてきたのかなーとか思っていたんだけど、
そんなシーンはなく。

最後、MOON SAGAすべてのシーンが流れ、
繰り返される戦いと、裏切りと、約束、残されたもの、
人の生を、月はすべて見てきたんだ、と。
まぁ、なんとなく言いたいことはわかった。

帰ってから、パンフを読んだら、月の住人という存在がでてきて、
なんのことはない、この人はSAGA全篇の語り部だったんだ、と理解。


しかしなんとなく物足りないのは、
1部/2部の核ともいっていい部分で、誰の、どのシーンかが
自分の中で確立されていないからだと思う。
重味がないのだよ。
ストーリーが舞台に限定されすぎてしまったからかもしれん。

アルバム曲は、今聞くと、案外捨て曲ないかも!
なんて思えるくらいまでには印象良くなった。
Live効果すごいな(笑)
次のファイナルまで、もうちょっとアルバムを聴きこみたいと思います。

あとは、一番ぐっときたのがオープニング映像のバックに流れている曲だったので、
会場限定の音源を買ってしまいそうな勢いであります。。
当日にまだ欲しかったら、その時決めよう(笑)
| | 見聞録 | 22:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
Kiss & Cry
二時台の興奮




八回の三回転を決めるたびに、よしっ、よしっと噛み締めて、
ラストの山場一番盛り上がる、ステップシーケンス、
そして最後の色んなものが込み上げてきた泣き顔。
で、はにかみ笑顔の一礼。

もーー!もーーーーー!
心配したじゃん!
よくやった!

とこっちももらい嬉しい泣き。
キメポーズの裏ではデジタル放送名シーン投票青ボタン、
初めて押しちゃったじゃないか。


そんな浅田ソチFSでした。
子供を見守る親な気分だよもー。
今日の脳内BGMはもちろんラフマ2番がエンドレス♪

メダルがないのは悔しいけど、そんなの些末事だとふっとばす、
そんな演技。
記録より記憶。
多分一生忘れないと思う。

**
この笑顔!






| | 見聞録 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
有終の美
全日本フィギュア選手権を見つつ、
有終の美ってのはほんと難しいものだなとしみじみしております。

男子も女子もちょっと見ない間に格段にレベルが上がっていて。
でもなんだかんだ応援しちゃうのが、
年長組たちなんだよね。
浅田や19歳組はまだ次があるけれども、
高橋や鈴木、安藤はもう後がない。

そんな中で全てを出しきることができるのか、と。
やっぱり悔いなく終わってほしいのだなぁ。見てるこっちとしては。


女子は確度高かったから、予想通りの五輪代表だったけど、
男子は三位発表に一番緊張して、
発表者の口をものすごーく注視した瞬間でした。
第一音が「た」でほんと安堵、万歳三唱ですよ。


是非とも、鈴木&高橋には圧倒的な表現力を見せつけて、有終の美、納めてから、
次世代にバトンを渡して欲しいな。
そして安藤、お疲れさまでした。
| | 見聞録 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
ごちそうさん
大阪に嫁いでからぐんと面白くなった「ごちそうさん」

一週間しかでてなかった子役め以子はタラちゃんのようで可愛かったけど、
最近は最初はまったく言葉を発しなかったのに、段々心を開いてくる希子が可愛くてねぇ。
ついでにくやしがる和枝が面白い。

んで、師匠!
最初の登場からして、悠太郎と同じセリフ。
西門の名前での驚きようでもう父決定ですよー。
父は死んだとは誰も明言してないもんね。。

師匠を演っている近藤さんは声がいいんだよね。
出番の度に聴きほれちまいますがなw

明日は師匠大暴れの回っぽいので、とても楽しみであります(笑)

**

鰹節を削る
薪で、釜で米を炊く
糠床の世話をする
昆布で出汁をとる

当たり前のことだけど、昔は全部手でやってたんだなぁ、と。
食の基本が垣間見れるドラマであります。
まさに食道楽だなぁ。

あとは食卓。
一見ただいがみ合っているようで、実はそれぞれに傷をもっている西門家が、
今後どんなふうに丸くなって食卓を囲むのかなぁ、と。
家族も大事なテーマなんだろうね。
| | 見聞録 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
親子3代
あまちゃん、最終週デス。

半沢さんは最終回直前回、おネエ口調の人が手のひら返したシーンだけ一瞬見かけたくらいだけど、
あまちゃんは「今夜はあまTV」ならぬ、「いつでもあまTV」ができますのよ。ほほほ。




まだ最終回ではないけれど、なんだかもう終わった気分のように、
清々しい回だったよ。。


北三陸に居続けた、初代アイドルの夏ばっば。
田舎から東京に行って、影武者で表にでることなく終わった二代目春ちゃん。
東京に北三陸にいったりきたりして、どちらでも大成したアキ。
ナレーションでもしっかり印象づけてたけれども、
この話の主人公は、この“三人”なんだろうなぁ。

そして、忘れちゃならない鈴鹿さんの立ち位置。
映画では夏ばっばのようでもあり、現実では春ちゃんの半身みたいな人。
アキが潮騒のメモリーを歌ったとき、鈴鹿さんと春ちゃんがやっと一つになれたなーと、
報われたなーとしみじみ見ていたんだけど、
今回はそれの非じゃなかった。

音痴脱却なのか、音があたる確率が上がったのか(笑)定かではないけれど。
影武者春ちゃんが出ることなく、鈴鹿さん自身が歌い上げるという結末。
そりゃ薬師丸ひろ子ですものねー。上手くないわけがないw

これで潮騒のメモリーという曲の精霊のような若春ちゃんの幻も、
成仏(?)して出てこなくなるんでしょう。
若春ちゃんと太巻さんの涙は同じなんだろうなぁ。

そして、「三途の川のマーメイド」が「三代前からマーメイド」に歌詞変更され。
鈴鹿さん回でしたね。ほんと。


さて、最後は三代目の潮騒のメモリーズで〆ですわ^^
この王道の終わり方、気持ちいいくらい!

ちなみに、先週は勉さんの週でした。地味にいいとこどりだよ勉さん!


| | 見聞録 | 00:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
あなどりがたし
発売日からこっちで探していたんだけど、
どこにも売れておらず、これはネット注文か。。と思っていたら、
帰省して本屋行ったら残りあと1冊で売ってました。
田舎侮りがたし。



やっぱり目玉は隠されていた俊プロポーズ編でしょう^^
カルロの大活躍振りにお腹痛くなっちゃったよ。
普段クールな俊だけに、裏であたふたしてるのがね(笑)

お陰で、全巻ひっぱりだして読んでしまいました。
ついでにパラレル編のミッドナイトも。
後ろに行くにしたがって、作者の主張がストレートなんだけど
わざとらしくなるので、読んでて面白く一番しっくりいくのは、
蘭世と俊の第一部だなぁ、と、改めて思った次第。
| | 見聞録 | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
去就
そして、走馬灯。






本日はMILDの日。
さすがにコンセプトツアーじゃないから、前半は軽い。
相変わらずMC長すぎの1時間越えだったけど、
最後はもにょる部分ありーの、
7/7のラストが読めて失笑したけど、

11年くらい生で聴いてない、
ずっと聴きたかったあの曲が今日、この日に聴けたから、
もういい、満足。




さて、WILDは期待を裏切ってくれるだろうか。
| | 見聞録 | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ