UrLandSchaft

<< OP441話 | main | ぎゃぼん >>
月の影 影の海 三章
「いっそ…いっそ、死んでれば楽だったのによ…」

なんでこんだけのセリフなのに存在感あるんだ、蒼猿よ。
あの高笑いと奇妙な動きと顔かねぇ。
しかし、このセリフ言って終わってしまったよ。
これからがいい所なのに。


杉本の警戒、タッキの動き、陽子の甘さ。
これが四章の伏線。
| | 夜想月雫 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blue2k.base-h.secret.jp/trackback/634898
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

このページの先頭へ