UrLandSchaft

<< 上がったり落ちたり | main | やっぱ見たいのは >>
RIJF 20110807@ひたちなか海浜公園
2011080718110000.jpg
行ってきました、ROCK IN JAPAN FES 2011 三日目!!




横浜駅朝6時集合だったので、
前夜早く寝ようと思いきや、ほとんど眠れず(爆)
なぜか連れとは違うバスに乗る羽目にはなりましたが、開演1時間前の9時半には到着しました。
バスの中で二時間は寝たので、大分楽に。

朝は曇ってたのに、着いた頃にはぴーかん。
バス降りてから会場入り口に来るまでに既に手が焼けてた。。
連れがお腹空いたというので朝ごはんを食べて、
グッズを30分くらいで買って、初っぱなはPUFFYです。

PUFFYは今年15周年だそうで、半分は昔の知ってる曲だったのよ。
これは踊るしかない!とゆるく踊ってほどよいテンションに。

次は雅、シカオさん見るために移動しようと思ったのだけど、
暑さに嫌気がさしてかき氷を購入。
移動手段も公園内移動用のやねつきトロッコ風シャトル(1コイン)で楽してみました。

そんなわけで雅は見れず、シカオさん三曲くらい聴いて終わりでした。
エロエロFUNKYナンバーもっと聴きたかったけど、
最後、一番聴きたかったProgressが聴けて
一人ジーンとしてましたね。

シカオさんのときにテント下で日陰かつ、
センターでステージよく見える場所に行けたので、
それから最後の吉井さんでMainのGrass Stageに移動するまで、
ずっとLake Stageに居座ってました。
まあ見たい人たちずっと同じ場所だったから丁度よかったわ〜。


お次はNICO Touches the Walls。
ほらauのCMの!って言われるんだけど、テレビ見ないから分からん(笑)
セッティング中に軽く一曲やり始めたんだけど、
なかなかツボな音と声だったので全部見ちゃったよ〜。
よくよく聴いてたら鋼の主題歌歌ってる人たちでした。
なんか納得しちゃった。
観客巻き込み型で楽しかった。


次はFACT。能面がシンボルなので、
帽子に能面グッズの聴衆がチラホラいて、すれ違う度にドキドキしてました。
本人達は被ってるのかしらとこれまたドキドキしてたんだけど、
さすがに暑いからか被ってなかった(爆)

スタンディングフロアを囲むようにベンチシートがあってそこにいたので、
(アリーナのスタンド席みたいな)
スタンディングフロアで力が反発し合う様がよく見えたよ。
ダイブは過去に事故があってから禁止になってたけど、
今にも爆発しそうな人の固まりがいくつもあった・苦笑
音については期待してたほどよくなかったなぁ。


次はONE OK ROCK。
始まるつい直前まで爆睡してたんですが(爆)
一曲目の一音目で目が覚めましたよ(笑)
まあ単に好みの声の高さ・伸び具合とメロディだったんだろうね。

あとはVoのパフォーマンスの良さ。煽る煽る(笑)
会場に一体感あってシート席後ろまで総立だったからね。
もうちょっと年数経てば渋い声もでるかな〜ちょい期待。
多分この日一番楽しんだステージだったかも。


次は民生さん。
この日一日会場のどっかで引き込もって
出演アーも巻き込んでフェスの曲をレコーディングしてたらしい。
で、そのお披露目ステージだったんですが、
まだ出来てないからって、生仕事@ステージ観察タイムに(笑)

録り終えてないコーラスを会場も巻き込んで録って
重ねてちゃんとお披露目までいきました。
不思議な時間だったわ〜。
ミックスまでした曲をのちほど配信するらしい。
フェスは暑い〜って曲です。
タイトルはコードEとBmしか使ってないから、EBMだって(笑)


さて、次はスキマスイッチ。
これまた鋼のオープニング曲で始まり
もう聴きたい曲聴けちゃったよ!みたいな(笑)
もう一つ聴きたいのあったんだけど
吉井さん見たかったので四曲くらいで移動。
この人たちは朝焼けバックに聴きたいかも。さわやか。

そしてメインステージに移動して吉井さんです。
なんと「球根」聴けたよ。この時点でお腹いっぱいだよ。
いろんな意味を込めての一曲でありました。
最後の「自分を愛してあげてね」って言葉が響いたな。


ここであと残り1ステージだったんだけど、
さほど見たいのがなかったのでご飯食べて、
駐車場までの道すがらトリのBRAHMAN聴きながら帰路に。

朝っぱらから夜までしっかり堪能した一日でありました。
満足。同期に感謝ですね。
また機会があったら行きたいな。
| | 音想録 | 19:53 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blue2k.base-h.secret.jp/trackback/953196
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

このページの先頭へ