UrLandSchaft

<< 繋がるべくして | main | 純と愛 >>
栄枯盛衰
ひさびさ清盛。



平家の男子は武士ではありませぬ。

と言った先代からの家臣を斬ろうとし、
剣をふりかざすも、
重すぎて倒れてしまった清盛。

すかさず貴一パパ回想で登場。
まっすぐとした軸がないと、倒れる。
軸がなくなってしまった、武士から外れてしまった平家を表しているんだな、と。

前回みたときも思ったけど、
清盛と白河院が重なってなりませぬ。。
高平太くんが懐かしき。
| | 見聞録―大河 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blue2k.base-h.secret.jp/trackback/953340
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

このページの先頭へ