UrLandSchaft

<< なぜいま | main | ごちそうさん >>
葬られた人
行動心理学の中で、人の行動エネルギーは人の一生になぞらえて
12タイプに分かれるらしい。




お腹の中の胎児
生まれたての乳児期
無邪気な幼児期
知恵のついた思春期
ちょっと背伸びした青年期
バリバリ脂ののった壮年期
社長になった中年期
最後に出で来る大トリ高年期
隠居しちゃった老年期
人生の最期、危篤
葬られて納骨
肉体を捨てた魂だけの存在


で、誕生日によってどのタイプかが分かる仕組みになっているのだけれど、
私は葬られた人、らしい。
もともと年寄り臭いのは自覚あったけど、
老人でもない、骨かよ!と笑ってしまったわい。

特徴としては、
墓の中から、"世界"という映画を客観的に、
俯瞰して観察して、ナレーションしているだとか
輪の中には決していないけれども、調和は重んじる、でもちょっとさみしいだとか、
統一的調和。そこに争い駆け引きはない、とか。(まぁもう争っても死んでるしな俺ら、的な)
あぁ、そうそう。とうなずけるところが多くて。

客観視、俯瞰するところなんて、そういや新人のときに担任講師にいわれたもんね。
丁度チームリーダーをやっていて、どんな班にしたいか?という問いに対して、
メンバがSTAND ALONEに動けるチームがいい、と答えたんだけど、
君は、君自身をも客観視していて、
チームの輪の中に君はいないんだ、と。
他のチームリーダーはチームの中に自分を入っているよ、と。

「と言われましても―。だってそう思うんだもんっ」
と当時は終わってたんだけど(笑)
まぁそういう行動原理で勝手に動いてしまうんだから、しょうがないなーと今さらながら納得。
恋愛観もしかり。


行動心理学の面白いところは、
親や兄弟、友人、パートナー等、周りの環境次第で、
生まれ持った行動原理を抑制されていたり、逆に補っていたりと影響があること。
その辺を深掘りすると、より生きやすくなるんだよなぁ。

まぁ探究心も旺盛な「葬られた人」なのでw
その辺は日々研究及び観察を怠らず身に着けていこうかなーと思っております。
| | 徒然 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blue2k.base-h.secret.jp/trackback/953361
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ