UrLandSchaft

つらつらと
あっという間に7月も終わりですよ。
ちょっと振り返ってみます。




■異動
7月から新しい現場にうつりました。
通勤は今まで5年間、30分は最低でも座れていたのが、
1時間近くたちっぱなし。結構つらい。
満員電車なので、暇つぶしに何か読む気もおきません。

帰りはずっと座れるからいいんだけどね。。朝と夜じゃ全然違う。
今までずっと拒否していた朝活にシフトするかもしれません。
まぁ、それも仕事が忙しくない今のうちでしょうな。


■7/3 VISUALIVE
内容に関しての感想は、前回とそこまで変わらず。
凱旋公演はチケット取れたら行きますよ、くらいかな。

埼玉で暇つぶしをしようということになって、
当初は川越にしようと思ってたんですが、
暑さに負けて、大宮のプラネタリウムで涼んでおりました。

あと、あの辺り鰻屋が多い印象だったので、
昼は鰻にしたのですが、同行した姉に拒否され鰻重ではなく鰻丼になりました。
実家で食べればいいじゃん、とか言われましたが、
そんなのこの10年で一回も行ってねーじゃん!と反論しておきました。


■そうだ!京都に行こう!
計画倒れに終わりましたがww
6月末にふと思い立って、日帰りコースを検討してみました。
始発の新幹線で行って、8時くらいから周るかんじ。

最近御朱印帳を使い出したので、
やはりここは金閣寺、銀閣寺、そして二つの寺社の大本山相国寺!
そしてこの季節花菖蒲も見たいから、平安神宮。
時間があれば清水寺。
こんなかんじ。

しかし、途中で違うことしたらやる気がなくなり、
新幹線のチケットを予約しなかったので、行きませんでした。
そろそろ数珠のメンテにも行きたいので、秋かなぁと思っております。



■お礼参り
異動に伴い、今までかかわった人達と飲みに行くことが多いです。
中には5年前のチームの方々も。
違う会社だけど、私の新人時代を知ってる方も。
愚痴をこぼしつつ、懐かしみつつ、当時を恥ずかしがりつつ(爆)
つくづく恵まれているよなぁと実感した次第。

今の現場は助けてくれる人が来週からいなくなるので
ちょっと微妙な気配が。。
まぁがんばります。はい。
| | 徒然 | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
STAR WARS Episode.
備忘録的に今年見た映画その2。




実はSWシリーズは見たことなかったんです。
たまに見ても、Episode.気如▲譟璽垢魏瓩ると眠くなってたくらい、適当に見てたんですが、
去年の年末擦公開されるタイミングで興味が湧いて、
機銑困稜末地上波一挙放送を全部録画し、
予習をした上で、1月の頭に劇場へ擦鮓に行きました。

旧三部作から30年後、
当時の俳優陣も同じくらい年をとっての出演で、
それだけで胸がいっぱいになったり。
ハン・ソロとチューイがミレニアムファルコンに戻ってきたとことか、
ハン・ソロがレイ達にジェダイやルークの話は神話じゃないと言うところや、
最後、レイがレイアと目だけで会話して抱き合うところとか。

あと、ダースベイダーが偉大な悪役だったんだな、ってのも改めて感じた(笑)
カイロ・レンが坊やすぎてさー。
お前がベイダーを語るには早いぜ。。なんて思いながら、
最後の闘いを見ておりました。

ダークサイドからライトサイドに寝返ったフィンの葛藤が
面白くて、どうなるかが今後楽しみです。

レイの正体やレンとの関係も気になるところではあるけど、
深く考察するのはやめて、次回に臨もうと思ってます。


ちなみに、オープニングのテーマ曲がかっこ良すぎて、
最初に地上波で犬鮓たとき5回くらい巻き戻してしまいました。
金管魂を揺さぶりますよ。
あと過去作だとやっぱり犬見やすかったな〜
| | 見聞録 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ズートピア
最近いろんなところで面白いと噂になっている
ズートピアを見てきました。

以下ネタバレあり。




なんといっても、主題歌が最初に流れる、
主人公ジュディがセントラルに列車で移動するときの街の風景のダイナミックさが
一番印象的で、一番ワクワクした!

トンネル抜けると〜の世界を3回味わえるとか。
サバンナを走るラクダランナー、ヤシの木ホテル、
氷の国の氷河移動、熱帯雨林でばぁ〜と雨が降ってきたとこ、
〆は駅の光景だよね。ぴょんぴょんはねながら外出たくなるよねー。
TRY EVERYTING、まさにその通りです。

あと気になったシーンを抜粋してみよう。
・冒頭の小劇場の音響係のタヌキちゃん。超和む。 
・上京列車のネズミたち。ドアが大、中、小動物それぞれついてるのもすごいよね。
・チビジュディもいいけど、チビニックが健気で;;
・Mr.ビッグの登場シーンのチマッ加減
・ジュディパパ、大川マスタングと同一人物に思えないくらいのはしゃぎよう。
・副市長の頭モフモフ攻撃。窘めるつもりでモフモフするジュディ。
・捨て台詞フェニック。ロックだw
・フラッシュの速度に絶望するジュディ

王道シーンはちょっと抜かしたよ。
森川ニック沼に落ちることを覚悟していってみたけど、
わりと普通でした。

が、見終わった後、
WEBに転がってる素敵絵を見漁るくらいはしましたけどね(笑)
二人がわちゃわちゃしているのを、
あきれ顔して見守り隊な署長含めたゴツイ同僚たちっていう構図が
私的にはツボであります。
あ、ニクジュディ沼にはハマったようですね。。
| | 見聞録 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
回顧
国フォから帰ってから、次のファイナルへ向けて士気をあげるため(笑)
歴代のLiveについても、色々と思い出しているところです。




あのツアーのときは、会場はどこに行ったのか、とか、
それぞれのオープニングってどんなだったっけ?とか、
どれが一番思い入れが強いか、とかね。


2000 MARS
→Ares飛んでます。あとは頑張ってますw

2001 RR
→オープニングはもはや神レベル。
 初Live参戦のため4曲目uncontrolまで微動だにできなかった。

2002-03 MOON
→下弦・上弦どちらもオープニングはそこまで派手じゃないのよね。
 かわりにエンディングに重きが。。
 下弦の君が待っているから、上弦のオレンジの太陽(T-T)
 上弦 Fragrance〜Dooms間は好き過ぎてエンドレスリピート

2004 6D&7N
→泡沫の夢、Mizerable、再会。初めての横アリBirthday
 Singleかき集めなだけあって、バランスはいい。
 ここからジパングロックへの試みが始まったんだなあ。

2005 DIABOLOS
→オープニング〜Dybbukの流れが秀逸、1部も2部も捨て曲ないかも。。
 今までで一番バランスが取れている気がする。

2009 RR
→DVD持ってないけど、曲のバック映像ほぼほぼ覚えている。さすがVISUALIVE。
 地元の会場が一般の最前5列目という神席でしたな。その差4mくらい。

2013 M&W
→これオープニングの走馬灯でちょっとうるっと来た。あとはdears。
 Best系のLiveでしか横アリ行ってないんだなー。



総合的に一番バランスよく好きなのはMOONじゃなくてDIABOLOSだったのが自分でも意外でしたよ。
一番脳内で想像したのもこのツアーだったからかもね。
たまには、こんな風に振り返るのも面白いものです。
| | 音想録 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ