UrLandSchaft

STAR WARS Episode.
備忘録的に今年見た映画その2。




実はSWシリーズは見たことなかったんです。
たまに見ても、Episode.気如▲譟璽垢魏瓩ると眠くなってたくらい、適当に見てたんですが、
去年の年末擦公開されるタイミングで興味が湧いて、
機銑困稜末地上波一挙放送を全部録画し、
予習をした上で、1月の頭に劇場へ擦鮓に行きました。

旧三部作から30年後、
当時の俳優陣も同じくらい年をとっての出演で、
それだけで胸がいっぱいになったり。
ハン・ソロとチューイがミレニアムファルコンに戻ってきたとことか、
ハン・ソロがレイ達にジェダイやルークの話は神話じゃないと言うところや、
最後、レイがレイアと目だけで会話して抱き合うところとか。

あと、ダースベイダーが偉大な悪役だったんだな、ってのも改めて感じた(笑)
カイロ・レンが坊やすぎてさー。
お前がベイダーを語るには早いぜ。。なんて思いながら、
最後の闘いを見ておりました。

ダークサイドからライトサイドに寝返ったフィンの葛藤が
面白くて、どうなるかが今後楽しみです。

レイの正体やレンとの関係も気になるところではあるけど、
深く考察するのはやめて、次回に臨もうと思ってます。


ちなみに、オープニングのテーマ曲がかっこ良すぎて、
最初に地上波で犬鮓たとき5回くらい巻き戻してしまいました。
金管魂を揺さぶりますよ。
あと過去作だとやっぱり犬見やすかったな〜
| | 見聞録 | 00:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
ズートピア
最近いろんなところで面白いと噂になっている
ズートピアを見てきました。

以下ネタバレあり。




なんといっても、主題歌が最初に流れる、
主人公ジュディがセントラルに列車で移動するときの街の風景のダイナミックさが
一番印象的で、一番ワクワクした!

トンネル抜けると〜の世界を3回味わえるとか。
サバンナを走るラクダランナー、ヤシの木ホテル、
氷の国の氷河移動、熱帯雨林でばぁ〜と雨が降ってきたとこ、
〆は駅の光景だよね。ぴょんぴょんはねながら外出たくなるよねー。
TRY EVERYTING、まさにその通りです。

あと気になったシーンを抜粋してみよう。
・冒頭の小劇場の音響係のタヌキちゃん。超和む。 
・上京列車のネズミたち。ドアが大、中、小動物それぞれついてるのもすごいよね。
・チビジュディもいいけど、チビニックが健気で;;
・Mr.ビッグの登場シーンのチマッ加減
・ジュディパパ、大川マスタングと同一人物に思えないくらいのはしゃぎよう。
・副市長の頭モフモフ攻撃。窘めるつもりでモフモフするジュディ。
・捨て台詞フェニック。ロックだw
・フラッシュの速度に絶望するジュディ

王道シーンはちょっと抜かしたよ。
森川ニック沼に落ちることを覚悟していってみたけど、
わりと普通でした。

が、見終わった後、
WEBに転がってる素敵絵を見漁るくらいはしましたけどね(笑)
二人がわちゃわちゃしているのを、
あきれ顔して見守り隊な署長含めたゴツイ同僚たちっていう構図が
私的にはツボであります。
あ、ニクジュディ沼にはハマったようですね。。
| | 見聞録 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
回顧
国フォから帰ってから、次のファイナルへ向けて士気をあげるため(笑)
歴代のLiveについても、色々と思い出しているところです。




あのツアーのときは、会場はどこに行ったのか、とか、
それぞれのオープニングってどんなだったっけ?とか、
どれが一番思い入れが強いか、とかね。


2000 MARS
→Ares飛んでます。あとは頑張ってますw

2001 RR
→オープニングはもはや神レベル。
 初Live参戦のため4曲目uncontrolまで微動だにできなかった。

2002-03 MOON
→下弦・上弦どちらもオープニングはそこまで派手じゃないのよね。
 かわりにエンディングに重きが。。
 下弦の君が待っているから、上弦のオレンジの太陽(T-T)
 上弦 Fragrance〜Dooms間は好き過ぎてエンドレスリピート

2004 6D&7N
→泡沫の夢、Mizerable、再会。初めての横アリBirthday
 Singleかき集めなだけあって、バランスはいい。
 ここからジパングロックへの試みが始まったんだなあ。

2005 DIABOLOS
→オープニング〜Dybbukの流れが秀逸、1部も2部も捨て曲ないかも。。
 今までで一番バランスが取れている気がする。

2009 RR
→DVD持ってないけど、曲のバック映像ほぼほぼ覚えている。さすがVISUALIVE。
 地元の会場が一般の最前5列目という神席でしたな。その差4mくらい。

2013 M&W
→これオープニングの走馬灯でちょっとうるっと来た。あとはdears。
 Best系のLiveでしか横アリ行ってないんだなー。



総合的に一番バランスよく好きなのはMOONじゃなくてDIABOLOSだったのが自分でも意外でしたよ。
一番脳内で想像したのもこのツアーだったからかもね。
たまには、こんな風に振り返るのも面白いものです。
| | 音想録 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
5/27 LAST VISUALIVE@東京国際フォーラム
もう一週間経ってしまったんですね。早い。

GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE
最期ノ月 -LAST MOON-


以下、ネタバレ感想。




その1週間前に帰省してたんですが、
ドライブのBGMとして、やっとアルバム曲を聴いたのです。
で、どの曲から始まるだろうかとか、ラストはどの曲か、
なんてのを予想してたわけですが、私の予想は大きくはずれ(笑)、
姉の一人勝ち。

まぁ、映像があって、始まるならコレですよね、
と納得するオープニングだったかな。


1部。
時間軸的には後ろの方なんだろうな。
闘い、一人になり、最期の手前。

暁月夜は舞台をやってた当時はさして気にもしてなかったけど、
さすが、舞台2章エンディングを飾っただけあって、分かりやすくてシンプルだなーと。
楽のライブであんまり泣かないんですけど、
スッと沁みてきて、うるっと来た。

展開が見えて飽きるような寸劇でやられるより、
やっぱ曲でやられたほうが、クサくないし、素直に受け取れるってことかな。
最後までLiveをみてから、聴くとさらにシーンが出てきてやばいのだね。


2部。
兄者との邂逅。回想。
鬼の精神世界。

冒頭はキタ――――!となりました。
鈴もってシャンシャンしたくなりました。
やっと、つながったね。

ここから2,3曲の流れは秀逸だ。。
カオナシのLVL直衣バージョンもなんかエロくて好き。

アルバムの曲で一番ききこんでたのが斬なので、
せっかくかっこいいのにノリ方がわかっとらん!バチ邪魔!と憤慨しつつ、
変拍子もなんのその、ヘドバンに勤しむ。
傀儡はLive見ないとそこまで好きにならなかったかも。

実は、この辺りすんごいトイレに行きたくてしょうがなかったんだけど(爆)
ちょっとこれは離席できない!と只管我慢w
映像も初見だから見ておきたいと我慢し、会長でてきた瞬間、速攻で離席です。


3部。
ここまでで、1時間半くらい。ここからが、長いよね。
真面目に全部やると、腕も喉も痛くなるので、
大事なところしかやりません、すいません(笑)

安定のMirror、U+K。
新曲はやっぱりこれもLiveを見て好きになるタイプの曲だったなぁ。
バチじゃなくて、手扇子のほうが隣を気にする必要ないから踊りやすかったw

映像の中に歌詞は出さなくていい。
しかし、P.S. I Love Uは、ちょっと印象が変わったかな。



さて、アルバムのジャケにもなっている、死んだ義経を抱いている謎の人物。
義経の中にいる鬼が分裂してでてきたのかなーとか思っていたんだけど、
そんなシーンはなく。

最後、MOON SAGAすべてのシーンが流れ、
繰り返される戦いと、裏切りと、約束、残されたもの、
人の生を、月はすべて見てきたんだ、と。
まぁ、なんとなく言いたいことはわかった。

帰ってから、パンフを読んだら、月の住人という存在がでてきて、
なんのことはない、この人はSAGA全篇の語り部だったんだ、と理解。


しかしなんとなく物足りないのは、
1部/2部の核ともいっていい部分で、誰の、どのシーンかが
自分の中で確立されていないからだと思う。
重味がないのだよ。
ストーリーが舞台に限定されすぎてしまったからかもしれん。

アルバム曲は、今聞くと、案外捨て曲ないかも!
なんて思えるくらいまでには印象良くなった。
Live効果すごいな(笑)
次のファイナルまで、もうちょっとアルバムを聴きこみたいと思います。

あとは、一番ぐっときたのがオープニング映像のバックに流れている曲だったので、
会場限定の音源を買ってしまいそうな勢いであります。。
当日にまだ欲しかったら、その時決めよう(笑)
| | 見聞録 | 22:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ